付属品も査定対象になる

ブランド品の箱は保管しておこう

ブランド品買取業者のサービス等を利用して、売却することまでを想定してブランド品を購入するのなら、そのアイテムが入っていた「箱」をはじめとした付属品は、捨てずになるべく良好な状態のまま保管しておくのがベストの選択になっています。これは、付属品を紛失してしまった場合、査定の際に減額されてしまうポイントになるためです。ブランド品の売却にあたっては、当然一円でも高額の査定を期待しますが、箱のあるなしだけでも数百円程度の違いが出てしまうことは珍しくはありません。もちろん、査定を依頼したアイテムの人気や状態の方が重要なポイントであり、また付属品がなければ買取不可になってしまうわけでもありませんが、付属品は保管しておくに越したことはないのです。

より重要なギャランティカード

数ある付属品の中でも最も保管しておくべきなのが、ギャランティカードです。ギャランティカードとは、各ブランドが、その商品の品質を保証するために発行している物であり、いわゆる保証書にあたるカードとなっています。各ブランドの正規店で購入した際には、このギャランティカードが付属してくるケースが大半であるため、大切に保管しておくといいでしょう。ギャランティカードは、ブランド品が本物であることを証明するアイテムであるため、ブランド買取に関しての知識が乏しい買取業者、ブランド品に詳しい鑑定士が在籍していない店舗では、とても重要視されるポイントとなっています。もちろん、箱の有無と一緒で、ギャランティカードがなければ絶対に売却をすることができないわけではありませんが、よりスムーズに査定をしてもらうため、査定金額アップのためには保管しておく方がいいのです。

最近特に金の価格が高騰していますが、金買取のお店に行ったことはありますか?お手持ちの品で、買取りしてほしい金製品がある方は、日々変動する金の価格をチェックしてからお店に行かれることをお勧めします。

© Copyright The Effect Of Brand Credibility. All Rights Reserved.