ブランド品を売るときに必要な物とは!?

運転免許証やパスポートなどの身分証明書

買取サービスを利用してブランド品を売る際は、身分証明書の提示が必要です。身分証明書が必要な理由は、古物営業法で定められているからです。古物営業法は、盗品の売買を防ぐことや、窃盗の被害を最小限に抑えることなどを目的として定められた法律です。買取サービスを行う業者は、古物営業法に則り、売った人の本人確認をすることが義務付けられています。身分証明書として掲示することが出来るものは、運転免許証やパスポートだけではありません。健康保険証やマイナンバーカードなども身分証明書として使えます。掲示するのはコピーでもOKです。宅配買取を利用する場合は、ダンボールにブランド品と身分証明書のコピーを一緒に入れて業者に送るという方法が主流です。身分証明書のコピーを常備しておくと、スムーズに手続きをすることが出来て便利です。

ギャランティカードや箱などの付属品

ブランド品を購入した際に付いてくるギャランティカードやブランド品が入っていた箱などの付属品は、必ず用意しなければならないものではありませんが、一緒に売ると買い取り価格の大幅アップが期待できます。付属品があることで、査定をする際の評価が高くなります。ブランド品の購入時から大切に保管をしてきたことが、売るときに報われます。将来的に売る予定がある場合は、購入時に付いてきたものを全てとっておきましょう。それが、高額査定に結び付きます。ギャランティカードや箱だけではなく、値札や購入時のレシートなども保管しておくと後々役立ちます。そのブランド品を証明するための大事な証拠となりますし、信用度や説得力もアップします。

© Copyright The Effect Of Brand Credibility. All Rights Reserved.